子供が4人いるので,あるときから毎年のように受験が繰り返されるようになりました。最初の子供の受験時には右も左も分からず,不安が募る中,情報収集と分析で手いっぱい💦受験に振り回された一年でした。

以来,子供の3度の高校受験と2度の大学受験をそばで見守り,気づけばあと一人で高校受験が終わります。ある日ふとそのことを考えながら,寂しさを覚えました。

入試という子供の闘いをそばで応援する経験を振り返ると,初回こそ精神的にきついものでしたが,それ以降は有意義な時間だったと感じます。

コロナの休校の影響で「教育格差」が取りざたされるようになり,教育や学力について改めて考え直すとともに,ほかのお子さんたちの闘いを応援し,昔の自分と同じように子供の教育に悩む親御さんの支えになることを目指し,先月から英語を教え始めました。

感想。楽しい!!無性に楽しい!!生徒たちが可愛いくてかわいくて。生徒たちにも授業を楽しみ,英語を好きになってもらえるよう,励んで参ります。