4技能対策

長年「読む」「聴く」に偏りがちだった日本の英語教育でしたが,大学入試改革を契機に,「書く」「話す」を加えた四技能の向上を目指す潮流があります。結局この入試改革の構想は実現せず,共通試験は引き続き二技能の評価だけにとどまりますが,すでに外部入試等による英語四技能評価を入試の要件としたり,あるいは加点の対象としている大学も多く,大学入試の選択肢を大幅に広げる鍵となります。

当塾では,四技能のバランスのよい向上を図るため,長文対策指導に力を入れるとともに,音読,リスニング,シャドーイング,英作文を組み合わせて訓練することにより,それらの相乗効果で「読む」「聴く」「書く」「話す」能力の向上を目指します。目と耳と口と手を使い,できるだけ多くの知覚を総動員して英語を「体得」することが目標です。