なぜ今,英語力が重要なのか?

グローバル化が加速するこの時代,子供たちの将来の扉を開くツールとしての英語の重要度は増すばかりです。子供たちがこのツールを手に人生のチャンスをつかみ取れるよう,応援します。

受験における英語の重要性

文系・理系を問わず,どのような職種においても英語力は重要です。
そのため,高校受験は言わずもがな,大学受験でも,文系はもちろんのこと,理系においても英語は合否を左右する重要な教科です。

例えば,国立大学の理系学部の二次試験で,多くの場合「数学:理科:英語」の配点は「1:1:1」に設定されています。私立大学の理系学部もまた然り。

文系学部に至っては,英語「のみ」で受験できる学部も年々増えています。

英語が得意な受験生が,文系学部のみならず,理系学部の受験においても圧倒的に有利であることは言うまでもありません。

比較的わずかな努力で結果を出せる英語

英語は子供に自信を与えるうえで効果的なツールです。なぜなら,英語の習得は,特に秀でた才能を必要とせず,だれでも比較的わずかな「努力」により「短時間」で達成できるからです。

英語を本格的に学び始めるのは中学1年生です。高校受験の時点で,数学は小学校と併せて9年間学んでいますが,英語はたったの3年間です。短期間で学ぶ内容は,わずかな努力と短い時間で復習,習得することができます。

そのわずかな努力で子供たちに一生モノの自信をつけさせたい,というのが当塾の願いです。